リンク集

   

  このホームページは Link Free です


楽しみじゃの

















 

 


例会に出陣じゃ!














 

  


例会に参るのじゃ!

















  

 


これは観のがしては
いけませんぞ!






★次回の例会

第112回例会 

2020年2月26日(水)

劇団東演公演 

  マクベス

スタッフ
作:W・.シェークスピア   
演出・美術・衣裳:V・ベリャコーヴィッチ   
翻訳:佐藤史郎   
演出補:O・レウシン   

キャスト
マクベス:能登剛
マクベス夫人:神野三鈴(オフィスゆっくり)
バンクォー:豊泉由樹緒
フリーアンス(息子):椎名啓介
ダンカン(国王):島英臣(俳優座)
マルコム(息子):木野雄大


画像をクリックしてみてください 

近年、「どん底」「ハムレット」「検察官」と劇団東演で精力的に演出してきたV・ベリャコーヴィッチ最後の演出作品。劇団創立60周年記念公演の第一弾としてモスクワ・ユーゴザパト劇場と提携し総力を挙げて上演します。現・芸術監督、O・レウシン氏が演出補として俳優、スタッフと来日、今までにも増して、スリリングな衝撃の舞台、光と闇の「マクベス」を、ベリャコーヴィッチ追悼の気持ちも込めて皆様にお届けします。この作品はベリャコーヴィッチが日本での上演を熱望し、果たせなかった因縁の舞台です。

■ストーリー
 反乱軍との戦いに勝利したマクベスは、ともに戦ったバンクォーと息高く国王・ダンカンのもとにはせ参じる途中、三人の魔女たちに出会う。魔女たちは、マクベスはコーダーの領主となり、やがて国王になる運命にあると予言する。そして「正義は悪、悪は正義!」と呪文を口にしながら消えていった。
 思いもしない不気味な予言に動揺しながらもあり得ないことと一笑に付し、国王・ダンカンへの戦勝報告のために急ぐのだった。しかし事態は魔女たちの予言通りに推移していく。戦いの功により国王はコーダーの領主にマクベスを任じたのだ。

 「魔女どもは真実を知っていたというのか!ということは・・・・」。驚くマクベスは夫人にことの成り行きを話す。「それは予言よ・・・・きっと運命がそう約束したの。だって運命は気まぐれにあなたの頭に王冠を載せたりしない筈。忘れないで、その王冠をご自分の頭に載せるのはあなた自身だってことを!」

 ・・・・運命の扉は果たして・・・・。


★これからの例会

第113回例会 

2020年4月2日(木)

トム・プロジェクト公演 

  Sing a Song


作:古川健 演出:日澤雄介

出演:戸田恵子 鳥山昌克  髙橋洋介 岡本篤 藤澤志帆 大和田獏




画像をクリックしてみてください 

■ストーリー
あの時代に生きた人々彼らを救ったのは 歌 だった―
昔一人の歌い手がいた歌を愛し歌に愛された彼女だが戦争が彼女から歌を奪おうとした歌い手とその歌に惚れ込んだ仲間たちは誇りを胸に皇軍慰問の旅に出る歌に生きた一人の女とその歌を愛した人々の物語

第114回例会 

2020年6月23日(火)

劇団銅鑼公演 

  おとうふコーヒー


作:詩森ろば
演出:青木 豪

出演:千田隼生 谷田川さほ 植木圭 
井上太 久保田勝彦
栗木純 竹内奈緒子  齋藤千裕
早坂聡美 大竹直哉  宮﨑愛美




画像をクリックしてみてください 

■ストーリー
おとうふとコーヒーは認知症に効くって本当…? 
とある地域の特養ホーム。このホームでは今夜一人の老人が最後の時を迎えようとしている。静かな看取りの夜になるはずだったその日、大きな台風が襲い、橋の冠水によりホームは孤立無援となる…。

第115回例会 

2020年8月28日(金)

前進座公演 

  東海道四谷怪談


作作:鶴屋南北     
台本:小野文隆     
演出:中橋耕史

出演:藤川矢之輔、河原崎國太郎、
    嵐芳三郎 他




画像をクリックしてみてください 


劇団創立85年を記念し、総力を挙げて上演された大作。「戸板返し」や早変わりの面白さ。上演されることの稀有な「深川三角屋敷の場」を盛り込むことにより男社会の「忠臣蔵」の影で犠牲になった姉妹の悲劇が描かれる。ただ怖いだけの幽霊話ではなく、濃密な「人間ドラマ」になっている。

第116回例会 

2020年10月30日(金)

人形劇団プーク公演 

第一部 
現代版・イソップ「約束…」 
第二部
うかうか三十、ちょろちょろ四十


作/一部・田辺聖子、二部・井上ひさし
一部脚色/井上幸子 
演出/井上幸子

出演/大橋友子、栗原弘昌、柴崎喜彦 他古川健 演出:日澤雄介




画像をクリックしてみてください 

■ストーリー
「約束…」現代に蘇える田辺聖子版イソップ物語。ライブ感と風刺に溢れた人形劇ならではの世界。
/「うかうか三十、ちょろちょろ四十」井上ひさし24歳で初めて活字となった戯曲。人間再生の物語。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このホームページに関するお問い合わせはこちらへ